タイタンFX(titanFX)の入出金方法を(画像付)分かりやすく解説

スポンサーリンク
Titan FX
この記事は約12分で読めます。

海外FX業者のタイタンFX(TitanFX)の入出金方法は複数用意されています。

手数料や口座反映時間や着金時間は絶対に知っておきたい入出金ルールです。

ここではタイタンFX(TitanFX)の入出金方法の基礎知識から特徴、注意点やメリット・デメリットまで誰でもわかりやすく解説しています。

タイタンFXTitanFXの入出金方法を確実に知りたい人は、ぜひ最後までご覧になってください。

海外FX業者タイタンFX(TitanFX)の入出金方法のスペック一覧表

入金方法対応通貨口座反映時間入金手数料入金最低額
海外銀行送金現在停止中現在停止中現在停止中現在停止中
国内銀行送金日本円1時間~1営業日無料100,000円
クレジットカード(VISA/Mastercard/JCB/AMEX(米ドルのみ))日本円、米ドル、ユーロ、星ドル即時無料1円(VISA/mastercard) 0.1ドル(AMEX) 1ドル(JCB)
bitwallet(ビットウォレット)日本円、米ドル、ユーロ即時無料110円
STICPAY(スティックペイ)日本円、米ドル、ユーロ、星ドル即時無料3,000円
Skrill(スクリル)現在停止中現在停止中現在停止中現在停止中
NETELLER(ネッテラー)現在停止中現在停止中現在停止中現在停止中

※各金融機関の手数料またはATM利用手数料は含んでいません。

出金方法着金時間出金手数料最低出金額入金額以上の出金
海外銀行送金現在停止中現在停止中現在停止中現在停止中
国内銀行送金2~3営業日以内無料10,000円可能
クレジットカード(VISA/Mastercard/JCB1営業日~4週間程度無料1円不可
bitwallet(ビットウォレット)即時無料1円可能
STICPAY(スティックペイ)即時無料200円可能
Skrill(スクリル)現在停止中現在停止中現在停止中現在停止中
NETELLER(ネッテラー)現在停止中現在停止中現在停止中現在停止中

※各金融機関の手数料またはATM利用手数料は含んでいません。

タイタンFX(TitanFX)の取引口座からの出金自体は、出金リクエストが終わるとすぐに出金処理が完了します。出金処理完了の連絡がない場合は、メール受信設定や迷惑メール受信箱を確認したうえでタイタンFX(TitanFX)のサポートに問い合わせるようにしましょう。

2021年9月現時点、タイタンFX(TitanFX)は海外銀行送金、Skrill(スクリル)、NETELLER(ネッテラー)は入出金方法ともに利用を停止しています。サービスの再開は未定。再開する可能性はありますが、各サービスを利用する前にタイタンFX(TitanFX)の公式で確認をしてください。

タイタンFX(TitanFX)の入出金利用時の注意点

タイタンFX(TitanFX)の入出金の際に気を付けるべき注意点を紹介します。

  • クレジットカード/デビットカードは事前に自動認証システムで登録する必要がある
  • クレジットカード/デビットカードは入金額と同額までしか出金できない
  • カードブランドによって入金最低額が異なる
  • すべての出金方式で最優先されるのはクレジットカード/デビットカードへの返金処理
  • AMEXは米ドル入金のみ対応で出金には対応していない
  • AML(アンチマネーロンダリング)厳守の観点から出金時は入金時と同じ名義でしか対応しない
  • AML(アンチマネーロンダリング)厳守の観点から出金方法は入金方法と同じ方法が優先される

特に覚えておいて欲しい注意点は、クレジットカード/デビットカードは入金額までしか出金できないことです。入金額以上の利益を出金する場合は他の出金方法を利用する必要があり、国内銀行送金かオンラインウォレットを活用するか決めておきましょう。

また、AML(アンチマネーロンダリング)厳守はタイタンFX(TitanFX)以外の海外FX業者でも同じ措置を講じています。逆にAMLを厳守していない海外FX業者は国際秩序を脅かす非常に危ない橋を渡っているので利用は避けたほうが無難です。

タイタンFX(TitanFX)のおすすめ入出金方法はクレジットカード/デビットカード

タイタンFX(TitanFX)で一番おすすめできる入出金方法はクレジットカード/デビットカードです。

クレジットカード/デビットカードを利用すれば手数料無料で取引口座に即時反映されますし、出金する際も無料でスムーズに完了するので使い勝手が優れています。

利益額は別の出金方法を利用する必要はありますが、それは利益を確保してから考えれば良いでしょう。まずタイタンFX(TitanFX)で取引を始めたい場合は、クレジットカード/デビットカードの利用を最初に検討してみるべきです。

10万円以上の入金は国内銀行送金の利用もおすすめ

国内銀行送金は最低入金額を10万円以上にしなければなりません。

しかし、10万円以上の入金ができる場合は、国内銀行送金をおすすめできます。

国内銀行送金は取引口座に1時間~1営業日程度の時間は要しますが、銀行口座しか所有していない人でも使える利点があります。

また、出金は1万円以上で対応。他の入金方法を使っていなければ、確実に銀行口座に現金を振り込むことができます。クレジットカード/デビットカードのように入金額はカードへの返金処理といった形式がないため、利益額に関係なく取引口座の現金を指定の銀行口座に入金させることができるということです。

クレジットカード/デビットカードやオンラインウォレットの作成または登録の手間が面倒と感じる人で10万円以上の入金ができる場合は、国内銀行送金の利用を最もおすすめできます。

タイタンFX(TitanFX)の国内銀行送金の入出金手順を簡単解説

まずはタイタンFXの国内銀行送金の入金手順を解説していきます。

  • クライアントキャビネットにて画面左の入金を選択
  • 画面中央上の取引口座を選択
  • 画面中央の国内銀行送金を選択
  • 100,000円以上の金額を指定
  • 画面下の入金JPYを選択

次にインターネットバンキングでの振込またはATMでの振込を選びます。

あとは各金融機関の入金方法に従って進めれば取引口座に入金されます。

国内銀行送金での出金方法は以下の方法で完了します。

  • クライアントキャビネットで出金を選択
  • 取引口座を選択
  • 国内銀行送金を選択
  • 出金したい金融機関の情報(口座番号等)を登録
  • 出金額を指定
  • 出金ボタンを選択
  • 登録したメールアドレスに届いた確認メールの確定ボタンを押す
  • 出金完了後、出金完了通知メールを受け取る

以上の方法でタイタンFX(TitanFX)の国内銀行送金の入出金手順は終わりです。

難しい内容ではありませんが、最低入金額は100,000円、最低出金額は10,000円という金額については間違えて覚えないように注意しましょう。

タイタンFX(TitanFX)で廃止された入出金方法

タイタンFX(TitanFX)は過去に仮想通貨(ビットコイン等)入出金に対応していました。

しかし、現在は仮想通貨による入出金は完全に廃止されています。

国際銀行送金やSkrill(スクリル)NETELLER(ネッテラー)のように現在停止中という記載ではなく完全に仮想通貨の入出金は削除されています。

おそらくメインバンクの仮想通貨の規制関連で廃止した可能性が高く、タイタンFX(TitanFX)のメインバンクが変わる等しないかぎりは仮想通貨の入出金の再開は絶望的です。

今後サービスの再開が絶対にないとは言えませんが、非常に低いということです。

タイタンFX(TitanFX)の入出金方法の特徴と注意点

タイタンFX(TitanFX)の各入出金方法の特徴や注意点を個別に解説していきます。

他の海外FX業者と比較するとタイタンFX(TitanFX)は入出金方法を複数提供しています。一方で停止中の入出金方法もあり、事前に確認しておかなければ利用する予定の入出金方法が使えない可能性もあります。

自身の使いたい入出金方法や利用したい入出金方法があるか参考にしてみてください。

国内銀行送金の入出金方法の特徴と注意点

タイタンFX(TitanFX)は国内銀行送金の入出金方法に対応しています。

対応通貨は日本円のみです。

注意点は、最低入金額は100,000円、最低出金額は10,000円の条件です。100,000円以下の入金も10,000円以下の出金も受け付けていません。

入金時の取引口座への反映時間は約1時間~1営業日程度。金融機関や入金申し込み時間によって繁栄が異なります。他の海外FX業者と比較しても決して遅いことはありません。

また、入金額以上の利益額の出金にも対応しています。オンラインウォレットのように登録や手続きの手間を省略できるので利用しやすいです。

国内銀行送金の入金は100,000円以上と少し敷居が高く感じますが、出金手段としては利便性が高いと言えるでしょう。

クレジットカード/デビットカードの入出金方法の特徴と注意点

クレジットカード/デビットカードは入金方法として最も使いやすいです。

取引口座に即時反映され、最低入金額も低く、タイタンFX(TitanFX)ですぐに取引したい場合におすすめできます。

注意点は、カードブランドによって条件が異なることです。

カードブランド最低入金額対応通貨出金の可否
JCB1ドル(約100円)日本円、米ドル、ユーロ、星ドル可能
VISA1円日本円、米ドル、ユーロ、星ドル可能
mastercard1円日本円、米ドル、ユーロ、星ドル可能
AMEX0.1ドル米ドル不可

海外FX業者でmastercardやAMEXを使えるのは珍しいです。ただし、AMEXは米ドル入金のみ対応で出金には対応していません。

タイタンFX(TitanFX)でクレジットカード/デビットカードを利用する場合は、最低入金額が1円から対応しているVISAやmastercardがおすすめです。

また、クレジットカード/デビットカードを利用する場合は、以下の注意点を覚えておいてください。

  • 入金額以上の利益は出金できない
  • 出金時間はカード会社によって異なり最大数カ月かかる
  • 分割で返金処理されることがある
  • 有効期限の切れたカードや他人名義のカードの利用はできない

カードの締め日の関係で出金時間が大幅に遅れることもあります。また場合によってはタイタンFX(TitanFX)で出金した金額がまとまった反映されないケースもあり得ます。

たとえば、10万円出金したのに、先に5万円がカードに返金処理、その数日後に残り5万円が返金処理されるといったパターンです。

これはカード会社によって対応が異なりますが、複数回に分けて入金していると、バラバラに返金処理がされることがあります。

決してタイタンFX(TitanFX)側の問題ではなくカード会社のシステム上の都合のため、タイタンFXに出金拒否されたといった勘違いはしないようにしましょう。

bitwallet(ビットウォレット)の入出金方法の特徴と注意点

bitwallet(ビットウォレット)は世界200か国で使える非常にグローバルなオンラインウォレットです。

オンラインウォレットの中ではトップクラスの知名度があり、審査も厳格で信頼性はとても高いです。

対応通貨は、日本円、米ドル、ユーロの3通貨。

入出金手数無料は無料、365日24時間リアルタイムで取引口座に即時反映されます。

また、他の海外FX業者でもbitwallet(ビットウォレット)と提携していることもあり、タイタンFX(TitanFX)以外の海外FX業者を利用する場合は資金管理が楽にできます。たとえば、XM・is6com・FBS・FXGT等の海外FX業者が対応しています。

注意点は、タイタンFX(TitanFX)に登録しているメールアドレスとbitwallet(ビットウォレット)に登録しているメールアドレスが一致している必要があることです。登録したメールアドレスが異なる場合、一致させるためにどちらかの登録メールアドレスを変更しなければなりません。

bitwallet(ビットウォレット)自体の登録や本人確認もありますし、ビットウォレット側で入出金手数料が発生します。たとえば、bitwallet(ビットウォレット)から銀行口座への出金時は通常824円の出金手数料が発生します。

このように入出金時の手数料の面を考えると、他の海外FX業者を使っていない場合、あえてbitwallet(ビットウォレット)で入出金する必要はないでしょう。

STICPAY(スティックペイ)の入出金方法の特徴と注意点

STICPAY(スティックペイ)は最近複数の海外FX業者で利用できるようになりました。

有名どころの海外FX業者を例に挙げると、XM・GEMFOREX・FBS・AXIORY等を挙げられます。

このようにSTICPAY(スティックペイ)は複数の海外FX業者を利用している場合、資金をスムーズに移動・管理ができるので便利です。

対応通貨は、日本円、米ドル、ユーロ、星ドルです。

また、STICPAY(スティックペイ)は手数料無料で入出金ができ、最低入金額は3,000円最低出金額は200円と少額の入出金に対応しています。

もちろんオンラインウォレットの特徴のひとつ365日24時間リアルタイムで取引口座に即時反映もします。

注意点は、タイタンFX(TitanFX)とSTICPAY(スティックペイ)に登録しているメールアドレスは一致している必要があり、異なる場合はどちらかの登録メールアドレスを変更しなければなりません。

また、STICPAY(スティックペイ)の登録や開設の手間、STICPAY(スティックペイ)への入出金に国内銀行を経由した場合、入金手数料2.0%出金手数料800円+1.5%が発生します。

STICPAY(スティックペイ)も便利な入出金方法ではありますが、現時点で所有していない人が積極的にお得とは感じないでしょう。

海外銀行送金/Skrill(スクリル)/NETELLER(ネッテラー)のサービスは停止中

タイタンFX(TitanFX)は、現時点で海外銀行送金/Skrill(スクリル)/NETELLER(ネッテラー)の入出金サービスは停止しています。

廃止しているのではなく停止しているだけなので、近日中にサービスが再開される可能性もありますし、逆に廃止する可能性もあります。

海外銀行送金はともかく、オンラインウォレットは突然サービスを停止する海外FX業者は少なくないです。現在使用できるbitwallet(ビットウォレット)やSTICPAY(スティックペイ)もある日突然サービスを停止することもあります。

オンラインウォレットは複数の海外FX業者を使うときに便利ではありますが、サービス停止の不安定と隣り合わせということは覚えておきましょう。

【まとめ】タイタンFX(TitanFX)の入出金方法はクレジットカードと国内銀行送金がおすすめ!

今回はタイタンFX(TitanFX)の入出金方法や特徴、メリット・デメリットを解説してきました。

タイタンFX(TitanFX)の入出金方法は複数ありますが、クレジットカード/デビットカード入出金または国内銀行送金の入出金が手っ取り早くおすすめです。

また、クレジットカード/デビットカードは手数料無料で使えるうえ取引口座に即時反映され、利益額までの出金はカード返金処理の形式なので簡単です。

一方、国内銀行送金は入金額100,000円という制限はありますが、現金で入金も出金も行えるので海外FXに利用するお金は現金で入金したり受け取ったりしたい場合に向いています。

すでに他のオンラインウォレットを所有している場合はスムーズに入出金はできますが、対象のオンラインウォレットにて発生する手数料やサービス終了の可能性も考えなければなりません。

以上、最終的には最も自身に合ったタイタンFX(TitanFX)への入出金方法を試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました