HOTFOREX(ホットフォレックス)のメリットデメリット

スポンサーリンク
HOTFOREX(ホットフォレックス)
この記事は約4分で読めます。

HotForexは2010年から運営を開始し、欧州では知名度が抜群に高い海外FX業者だ。
100%入金ボーナスが使える口座や、ボーナスが豊富で、長年運営をしている信用できるFX海外口座です。

HOTForex(ホットフォレックス)の特徴 7つのメリット

口コミが多く高評価

世界のFXブローカーを格付けしている大手メディアサイト(forex-ratings.com)で高評価。国内で人気のXMより評価が高く、信用度はかなり高い。また、国内で人気のXMなどよりも評価が高く世界では人気のFXブローカー。

基本最大 レバレッジは500倍 マイクロ口座のみレバレッジ1000倍

HOTForex(ホットフォレックス)は海外FX業界最高水準のハイレバレッジで500倍です。また、口座の種類が5種類あり、初心者が使いやすいマイクロ口座や、アクティブトレーダーが使うZero(ゼロ)口座などがあります。また、自動売買用の口座等もあり、自分のトレードスタイルに合わせて口座を選ぶことが可能。

ゼロカットシステム採用

HOTForex(ホットフォレックス)では、自分が入金した金額より損失をすることがありませんので、日本の国内口座のように、追証がありませんので、安心して、そしてダイナミックに投資が出来ます。海外口座はこれがあるから本当安心できますよね。追証なし、借金の心配なし、追加入金は不要 

ライセンスの保有

HOTForex(ホットフォレックス)は、各国ごとでFXブローカーとして、法人になっており、その法人で金融ライセンスを所有しております。また中には厳しい規制のある金融ライセンスを保有している法人もありかなり信用の出来る会社である。

ボーナスが人気

HOTForex(ホットフォレックス)は、250ドル(約25,000円)以上の入金が必要ですが、最大5万ドル(約530万円)のボーナスがあります。また取引ボーナスとして、1LOT2ドル相当の取引ボーナスがありますが、このボーナスは、マイクロ口座及びプレミアム口座のみが対応ですが、ボーナスが多く有難いシステムです。

日本人スタッフが対応

HOTForex(ホットフォレックス)のホームページでは、違和感のある日本語のページも多く存在しており、また、日本語ページがないものも少なくありませんが、チャットやメールに関しては、日本人が対応して頂けますので、とっても安心です。

ロスカット水準が証拠金維持率の10%

ホットフォレックスのロスカット水準は他の海外FX口業者よりもかなり低く、ダイナミックな取引が出来て安心です。また、資金が少ない人でも資金を増やせるチャンスをたくさん貰えるので本当ありがたい

HOTForex(ホットフォレックス)の特徴(デメリット)

HOTForex(ホットフォレックス)の口座通貨は円には対応していない。

HOTForexでは、自分の口座残高が外貨(ドル又はユーロ)で表示される。

外貨になれていない人からすると、残高口座が幾らなのかが分かりづらく、この辺りも、日本で人気が出ない理由の一つかもしれません。また、円に対応していないため、出金の際に、外貨から円に換えないといけませんので、為替の影響を受けることになります。

HotForex(ホットフォレックス)は完全信託保全ではない

HOTForexでは、顧客資金は会社資金とは分別されて管理されていますが、顧客資金を信託銀行で保全する「信託保全措置」は採用されていません。また、賠償保険制度加入をしておりますが、その金額が不十分だと思われますが、まぁ最悪の事態で、ホットフォレックスが倒産した時のお話ですので、頭の片隅に入れておいてください。

入出金の方法が少ない

HOTForexは、銀行送金が出来ず、クレジットカード・仮想通貨(Bitcoin, Bitcoin Cash)・bitwalletの3種類しかありませんので、出金の際は、bitwalletなどを使いましょう。銀行口座の送金が出来るようになると有難いのですが、出来ないってなるとちょっと慣れていない初心者は困りますね。

HOTFOREX(フォットフォレックス)のまとめ

ここまで簡単にまとめてみましたが如何でしたでしょうか?
口座も複数あり、他国で展開してるFXブローカーだけあって、グループで所有してるライセンスも多く、受賞も数多く存在しているので、世界で人気なのは頷けます。

また、日本って独特で日本で流行ってるからと言って海外では流行ってなかったりって結構ありますよね。でもそのうち、ヤフーからGoogleにみんなが検索するサイトが変わったように、ホットフォレックスが日本人でもっとも良い海外FXブローカーになる日も近いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました