【海外FX口座】FXは本当に勝てないのか

スポンサーリンク
FXメンタル思考
この記事は約3分で読めます。

まず、最初に思ったことは、勝ててる人はいるのか?ってことです。勝ててる人はどれぐらい勝ててるのか、その人みたいに勝てるようになりたいなぁって思いながら、色んなサイトやホームページ見ると、あれはデモでやってるとか違う口座で両建てしてるとか色々憶測が飛び交う中できっと負けてる人が多いんだろうなって思いながら、負ける人がいるってことは勝ってる人もいるのではないかと思った次第です。
ただ本当に勝ててる人が少ないのも事実っぽいので、その辺り私がFXをやる前に、徹底的に調べてみました。

勝ってる人はいるのか?

勝ってる人はいる。

YouTubeやTwitterや色んなサイトを見たら勝ってる人はいるけど、負けてる人の動画も見たいなぁって思いながら、勝ってる人は確かにいる気がする。
そして勝ってる人はすごくお金持ちで、コツコツ為替相場と向き合って、コツコツFXで勝ってるイメージ、資金量が多いから大金勝ってるように見えるけど、それを自分の資金に置き換えてみるとこれぐらいの資金でこれぐらい勝てるんだって納得できた。

負けてる人もいる

負けてる人は私からすると考えられないぐらいの金額を負けてる人が居て、もう本当に可哀そうなぐらいな気持ちになったし、私も初心者なのだから、負けない様に勉強しようと思った。ただ負けた人の中にもコツコツ為替相場と向き合ってる人も居て、こんなに勉強しても勝てないのかって思った。

なんで勝てるの?

いあ~なんで勝てるのって一言で言ってもその人それぞれのやり方とかFX相場と向き合う姿勢とか色々あって、ただ言えることは、月ベースで勝てる人は資金がドンドン増えていくイメージがある。1日で勝てない日もあるみたいで、そん日はFX相場に向き合わない人も多いと感じるし、1回目のトレードで負けた日はその日はトレードしない人も多くいた。なんだか、勝ってる人ってこうみると、負けないルール作りが自分の中で定まってるんだなぁって感じ、そして自分が熱くならない方法をルールとして定めている。

自分のルールの中にも3回連続で負けたらその日はトレードしない

って決めようと思った。勝ってる人ってよく見ると、勝てる所だけしかトレードしないんだと思い、勝率の良い方程式みたいなものが自分の中にしっかりとあって、その根拠を元にトレードに生かしてる。また、勝ってる人って負け方が上手いって印象なんですよね。逃げる時も、損切りする時もタイミングが良いって感じでした。

勝てる人と勝てない人の違い

良くFXで勝てる人と勝てない人の大きな違いって色んなサイトで言われてますけど、
私はが思うのは、負け方が下手だと思うんですよ。
FXって勝ったり負けたりして資金増やすもんだと思ってるんですけど、負け方が上手い人が資金を残せて、負け方が下手な人が退場や大損や全損してる気がします。

まぁそんな私も小さなお金ではありますが、何度か全損しておりますが、
一つ思うこと、学ぶこと、恐れないこと、諦めないこと、自分の都合の良い理由をつけて逃げないことってことかもしれませんね。

やっぱり勝てるんだFX

やっぱり一部の人は勝てるんだと確信的なものを感じた私は、最初の5ヶ月程で、その難しさと辛さ、集中力が必要なことに気づき東京時間のみのトレードを行い。1日1回のトレードを行うも資金が増えず、困り果てていましたが、なんとなーく勝てる人がいるって思うと、勝ててる人でも昔この苦労を乗り切ったんだと思い、日々FX為替相場に向き合い、嫌いな含み損に耐えながら細々と生きて行こうと思っています。

一回手を出したんだからすぐ諦めないし、FXの世界って儲かっている成功者はたった1%
って言われてます。これって企業で成功する人と似ていて、まぁ野球選手になるよりは難しくないってことだなぁって前向きに捉えてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました