海外fx口座、トレーダーでなぜ損切り出来ない人がいるのか!なぜ損切り出来ないのか?

スポンサーリンク
FXメンタル思考
この記事は約3分で読めます。

私は過去に何度も損切りをする場面に直面しています。でも損切りってなかなか出来ないんです。

なぜ?なぜ?って自分で色々調べてみても、行動経済学のプロスペクト理論が大きく関係してるとか。

でも実際、まだ為替でトレードやってない人や勉強中の人や既にfxトレードで儲けてる人にとっては、いやいや普通にしないといけないでしょって思うんでしょうけど、まぁこれまたここまで損切り出来ないのかと正直、自分でも驚くばかりです。

では、実際に、私が損切り出来る時と損切り出来なかった時どのような時なのかお伝えします。

損切り出来る時。

許容範囲内の損切り

これは自分が許容出来る範囲の損切りですから、金額的にも普通に出来る様になりました。

自分の許容範囲が金額なのかpipsなのかは人それぞれですが、その範囲内で損切りするなり決めましょう。ちなみ私の場合は、証拠金からの金額で決めてます。

冷静な判断の時

冷静に判断してルール通り行ってる場合は、あー損切りだなぁって思って損切り出来ます。

また、自分がロングかショートどちらか持ってたとして、今からエントリーするならどっちと冷静に判断が出来るからだと思います。

損切りラインを予め決めてた場合

損切りラインを予め決めていた場合、損切り出来る。そこまで来たら諦めようって思っているし、自分の予想が外れる事も良くある事って割り切ってるからだろうと思う。

慣れてきた。

正直、最初は、エントリーする度にドキドキして、もう含み益はーやーくーって思ってましたが、最近は、エントリーしても慣れて来て、逆行ったら切るって感じなんでまぁ利益取れる時は取れるでしょ的な感じで考えれるようになったし、損切りに怖さがなくなって来た。

損切り出来ない時。

気持ちを引きずってる時。

1日でエントリーを3回行って、損切りした後、取り戻したい気持ちを引きずりながら含み損を抱えるとなかなか損切りが出来ないし、損が嫌だから人間らしいって事なのかもしれないけど、それでも出来る人が勝てるのがfx相場の世界

許容範囲を超えた時。

自分の許容出来る範囲を超えた時、自分の中でもうここまで来たらもう切れないってなって更に諦めの境地って言うんだろうか、もうこのまま持っておこうと決めて、手遅れになる。

含み益から含み損になった時。

さっきまで含み益だったんだからそこまでは利確しないって意地を張ってしまって、そのまま持ち続けて、強制ロスカットへ誘われる。

含み損を耐えてあと少しでプラ転時

含み損が許容範囲を越えて耐えて耐えて戻って来た時もあと少しでって思うと、これまた損切り出来ず、奈落の底に叩き落とされる。

これらを解決するには!

私なりに解決方法を模索してみた結果、かなり楽に損切りが出来る様になった。

早速自分の、トレードを見直し、まず、1日連続で、3回負けたらその日はトレードしない又は、2日間の利益分を損失したらその日はトレードしないと決めた。

更にロット数を資金に応じて10連敗してもやり直せるぐらいのロット数に変更を加えました。

例えば、10万円の証拠金ならロット数0.3ロットにし、1回の負けを6000円までにする事など、ルールを細かく設定した。

また、月ベースで勝つことを強く意識する事に加え、FXの相場にもっと慣れる事。この独特な相場の世界に慣れなければ、一喜一憂してしまうし、慣れるという事=経験を積む事と思ったからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました