FXの押し目って何?押し目買い・戻り売りの意味は?

スポンサーリンク
FXメンタル思考
この記事は約2分で読めます。

押し目買いとは?

相場が上昇トレンドである時、一時的に下がったところで買い注文を入れる事。
この押し目買いは1回の上昇トレンドでだいたい2回程あると私は思っているので、1回目を逃しても慌てず待っていればいずれエントリーチャンスは来る。

戻り売りとは?

相場が下降トレンドである時、一時的に上がったところで売り注文を入れる事。
戻り売りに関しては、通貨ペアにもよるが、ガッツリ下がって戻ってこない事もあるので、自分がエントリーするタイミングを逃さずにしよう。また逃してしまった場合、よっぽどの根拠がない限りエントリーしない方が賢明かもしれない。

なぜ押し目や戻り売りが起こるのか。

なぜ起こるのかに関しては言えば、私の見解は、上昇トレンドの際、最初に買った人達が決済するために、一時的に売りが優勢になり、一時的に下がると思っている。また、下降トレンドの時も最初に売った人が、決済するため、一時的に買いが優勢になるためだと思っている。

では実際のチャートで確認しよう。

押し目買いのパターン

これは過去のチャートのドル円の1時間チャートです。〇で印をしている部分で上昇トレンドの中で一時的に下降しているので、このような所で買いエントリーをする事で利益を伸ばしていきます。
このような部分を見つけて、押し目買いをする事がFXでは定番になっておりますので、このような場所を見つけて、エントリーしていきましょう。

戻り売りのパターン

これも過去のチャートのドル円の1時間足のチャートです。下降トレンドの中でものすごく分かりやすい、戻りが発生しております。この戻りで売りエントリーをして利益を相場から獲得していきます。

まとめ

押し目や売り戻りを探しては、デモ口座でエントリーをし、自分の手法と照らし合わせて、有効的に利用するのが良いかと思います。また良くやられる場合として、押し目だーって思って飛びついてエントリーしたり、売り戻りだーって焦ってエントリーすると、トレンド転換の可能性も十分にあり得るので上位足の確認はもちろんの事、細心の注意を払ってエントリーしましょう。

まぁそういう自分もまだまだ未熟だし、未来のチャートはどうなるのかなんて分からないので、エントリーしてから損切りすることも多々あります。損切りもしっかり出来るようになるためにもデモ口座でテストを繰り返し、何度も失敗して相場から利益を安定的に取れるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました