トレードで連勝し続けると、判断が甘くなる。常に冷静に客観的に考える力が必要だ

スポンサーリンク
FXメンタル思考
この記事は約3分で読めます。

トレードで勝ち続けると判断が甘くなる。

私は、毎日毎日トレードを行い、そして、トレードである程度根拠を元に勝ち続けた時があった。
そして、私はこう思った、毎日これを続ければ勝てる。。。もちろんある程度のテクニカルを勉強もして、自信もあった。だがその自信が今後のトレードライフに良い経験になったのだ。
その当時、2か月程で10万円が100万円になった頃、このまま1000万円も夢じゃないなぁって思っていた。

ある日の事である。今まであまりなかったのだが、その時、自分が思う逆に相場が動いた。。。。

その時私が考えて思ってた事は、
「まぁいつもの騙しだろう」「ほっておけばそのまま利益が出るだろう。」「少しナンピンして耐えて行こう。」

そして耐えに耐えてると一瞬だけだが、利益に転じた・・・・もちろんその一瞬は時間にして2分程度だったと記憶している。


そこで私はこう思った

「これだけロット数入れてるんだからこんな利益じゃ嫌だ」

今思えばこれが全損の始まりだったのかもしれないが、何の根拠もない、昨日も下がったし下がるだろうと曖昧な判断をしたのだ、そしてここまで順調に勝って来たんだから今回も勝てると思い込んでいた。とても自信過剰な状態である。

次第に損失が増えていく、20万円ぐらいの損失の時に思ったことはこうである。
「20万なんて大したことない」「やばいなぁ損切りするか」とても普通の冷静な状態じゃない、そして、もう思考が完全に停止している状態に近くなっている。

その後、損失は更に増えて、40万程になった・・・その時の私の思考は完全に停止していて、こうなった、「欧州時間で反転するだろう」「欧州時間で待ってダメなら損切りだなぁ」
欧州時間になって損切りすると判断したのだ。。。ただその時に損切り出来なかっただけなのに、その理由を勝手に思って待ったのだ。もちろん根拠もなく待ったのだった。

そしていざ、欧州時間になると。。。。その損失は更に大きくなって70万程になっていった。。。
待ったことが仇になったのだ、そしてここまで来ると感情論が完全に私を覆いつくすのだった。
こんな金額になったらもう損切りしたくても出来ないって感情になっていくのだった。

今思えば、この状態で損切りして30万から再度やり直せばいいはずだったし、初期投資が10万円だったのでまだ20万円勝ってる状態だった訳だからと冷静に考えないといけないのだが、考えれなかった・・・そしてそのまま全損まで突き進み、落胆した取引となった。

色んな材料がある中で判断していたがすべて甘くなっていた。

結論からすると、すべてに対して、感情的になって更に自分都合の解釈の連続をし、唯一のテクニカルの判断も甘くなってしまった・・・
そして、今まで積み上げて来た利益がすべて無くなったのだ。

これはとてもいい勉強をしたと今も思っている。毎日勝ってるからと言って今日も勝てるとは限らないって心構えが必要で、常に冷静に判断する力と現状の状態を客観的に見れる力が必要な事を勉強させてもらった。負ける時は勉強するチャンスである。そしてこの経験から私はこれ以降同じ事をやらなくなったのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました