どの時間でトレードを行うのか?初心者におすすめの時間帯はいつ?1日のうち何時が一番相場が動くのか。

スポンサーリンク
FXメンタル思考
この記事は約2分で読めます。

FXは24時間取引が可能だけど・・・

海外FXを行ってると、色々時間帯によって特徴があったりするんだけど、実際どの時間帯でやればいいのって話、まぁ正直に言うと何時でやってもいいんだけど、この時間は動くなど覚えておいた方が良い時間について少しお話させて頂ければと思います。

東京時間

日本時間8時~16時は東京時間と言われており、オセアニアやアジアの取引参加者が多いので、AUDや円関連の通貨が動く事が多いので、この時間帯は、円を中心にトレードすると動く事が多いです。
また、毎月5・10日の五十日は、輸入業者が動くため、更に価格の値動きが激しくなりやすい。
また、10時を過ぎると仲値が決まり、値動きが緩やかになります。

ロンドン時間

日本時間16時~翌2時頃までは、ロンドン時間と言われております。ロンドンの市場が開いている時間帯ですね。欧州系通貨ペアの変動が激しくなることが最大の特徴です。この時間帯は、ユーロ・ポンドなどが動きやしです。また、癖としては、東京時間とは全く逆の値動きとなることも良く起こります。

この時間帯が取引額が多く、一番動きが激しくなる事が多いですが、16時頃から18時頃は欧州系通貨ペアの動きが出やすいし、ニューヨーク時間(22時30分から米国株式市場がオープン)と被る、ロンドン時間は値動きの激しさが特徴です。
ですので、日本時間の16時頃から18時頃と21時~翌2時頃とでは、動く通貨ペアなどの特徴が一気に変わる事がありますので注意が必要です。

ニューヨーク時間

日本時間21時~翌6時はニューヨーク時間と言われております。時間として、値動きが激しいのは、ロンドン時間と被る日本時間22時頃~翌2時頃かと思いますので、この時間帯は上手く行くと大きな利益を得れる事が多いです。また、逆行するとその逆も良くあります。そして、24時には「オプションカット」と言われる通貨オプションの権利行使期限が設定がされているので、更に激しく動く事がありますので、急な下降、上昇に注意しましょう。

まとめ

結局どの時間帯が動くのかって事で、この記事を書いてますが、実際には、ロンドン時間とニューヨーク時間が被る時間帯が一番相場が動くと思いますが、初心者様には、動きが緩やかな東京時間での取引をおススメしますが、サラリーマンの方々は市場が開いてる間に東京時間はトレード出来ないって人も多いのではないでしょうか?そんな人はニューヨーク時間の指標などにも気を付けながら、資金管理をしっかり行ってゆっくりゆっくり少ない資金で少ないロット数で少しづつ利益を積み重ねましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました