TitanFX(タイタンFX)メリットとデメリット

スポンサーリンク
Titan FX
この記事は約4分で読めます。

おすすめのTitan FX 個人的には、好きなサイトデザインで洗練されてる。こういう公式サイト結構好きですが、トレードするかしないかの判断にはならない。
ではTitan FXのメリット及びデメリットを詳しく検証していきます。

TitanFX(タイタンFX)の特徴 7つのメリット

低スプレッド

TitanFX(タイタンFX)は他の追随を許さないぐらいの低スプレット
【スタンダード口座】【ブレード口座】の二つの口座を用意されているが、どちらもものすごく低スプレット。

最大 レバレッジは500倍

TitanFX(タイタンFX) では、1倍から50055倍までの柔軟なレバレッジで、少ない資金でも、トレードが出来る環境。又、国内口座で不正に合ったようなこともなく、安心安全なトレード環境が提供されている。

ゼロカットシステム採用

TitanFX(タイタンFX)では、自分が入金した金額より損失をすることがありませんので、日本の国内口座のように、追証がありませんので、安心して、そしてダイナミックに投資が出来ます。海外口座はこれがあるから本当安心できますよね。追証なし、借金の心配なし、追加入金は不要 

信託保管されている

TitanFX(タイタンFX)は、お客様からお預かりした資金は全て、Titan FXの事業資金とは完全に区分して保管されており、世界有数のトップ銀行で信託保管されています。個人及び機関投資家の皆様からお預かりしている顧客資金は、口座残高だけではなく含み益も合わせて分別管理されており、他の目的で使用されることは決してありません。

スキャルピングなどの取引制限一切なし

スキャルピングに対して、取引制限が一切ないのは本当に素晴らしい。スキャルピング技術のある人はかなりお勧めの海外FX口座です。

完全日本語対応

日本人スタッフだけで構成させるサポートデスクもあり、
平日なら24時間対応して頂ける。

約定速度が早いしNDD方式採用

世界中の金融機関が利用するEquinix社のトレーディングサーバーを採用し、高い約定能力を実現しています。 NDD方式採用を採用しているのでノミ行為などはなく、一般トレーダーとFX業者との利点は一致している。
※NDD方式のTitanFXではトレーダーとの間で利益相反が起こらなない。
非常に透明性の高い環境で取引できる。

TitanFX(タイタンFX)の特徴(デメリット)

取引ボーナスや口座開設ボーナスがない

その他海外口座と比べると、取引ボーナスや口座開設ボーナスが全くない
ただ、スプレットが低いので、その点ボーナスが無くても問題ないともいえる。

企業としての信頼性が弱い

他の海外口座FX業者よりも若干企業としては信頼性が弱いので、何百万っていう金額で取引するより少しの金額で取引すると良い。

出金に手数料がかかる

入金に関しては手数料がかかりませんが、出金に関しては、約1500円程度の費用がかかり、10万円以下の出金に関しては、一律1000円かかります。

TitanFX(タイタンFX)の会社情報

名称TI Securities Limited
設立年2014年
ライセンスバヌアツ共和国VFSC
所在地 1st Floor, Govant Building,Kumul Highway Port Vila, Vanuatu
本社所在地 1st Floor, Govant Building,Kumul Highway Port Vila, Vanuatu
公式サイトホームページ
営業時間週5日24時間
サポート完全日本語対応

コメント

タイトルとURLをコピーしました