FXトレードで起こるポジポジ病改善計画

スポンサーリンク
FXメンタル思考
この記事は約4分で読めます。

ポジポジ病とは?

さて、FXトレードをしていると、ポジポジ病って聞くけど、一体何?って思ったりしてませんか、これって簡単にポジションを何度も何度も持ってしまうFX初心者がよくやることらしいんです。実際、私もこのポジポジ病になってましたし、今も何かのキッカケがあれば、ポジポジしちゃうと思います。

なぜポジポジ病が起こるのか

まず、チャートを見ていると、「おっこれ今入ったら利益出るんじゃないか」って
チャートを見てると思うことがあるんです。そんな時、入らずに見てるだけだと、実際ポジション持ってトレードしておけばよかった、なんか損した気分だなって思うことがしばしばあります。まさにこれが、機会損失ってやつなんです。

実際にチャートを見ていると、何となく、
「トレードしたい、、したい、、したい、、」←この気持ちわかるわぁ
って気持ちになってくるんですよ。
あと、良くあるのが、ポジション取ってたら利益出てたなぁなんてことありますよね。
そんなFXトレードで起こる、ポジポジ病の改善策を考えていきたいと思います。

ポジポジ病原因と対策

利益を出したい気持ちが強すぎる。

FXって負けながら利益を残していくんだけど、負けると熱くなるし熱くなって根拠のない自信を自分都合の理屈を植え付けて、更にポジションをどんどん増やして行くってことなんです。

そうすると、冷静に考えて為替相場(FX)を見れないので、
確率の低いところでのエントリーすることになっていまいます。
FX(為替相場)のトレードって勝ってる人は、自分が勝てる確率の高い所しかやらないんです。ですので、根拠のない自信、自分都合などなど、感情でトレードしないことが重要です。

感情でやるとビジネスでもFXトレードでもすべて、良い方向に行かないことが多いので、感情をコントロールすることが大事です。まず負けない事を意識するようにしましょう、

機会損失を失うんではないかという心理

トレードを始めると、トレードをしていない時間がもったいないと感じてしまい、
トレードをしていない時間は利益を取り逃しているのではないかと感じるようになってしまう。

また、ただチャートを見てるだけってのも意外と難しいです。また冷静な判断が出来る状態を保ってトレードを行うが良くて、ポジポジ病の人達は、常に冷静な判断が出来る状態で、チャートを見れていない人達なんです。
こうした状況により、利益を取るのが難しい状況でも何度も何度も、手を出してしまうです。

待つことも、トレーダーとしてはすごく大事ですし、待てないと勝てないことの方が多いと思いますので、FXで資金を増やしたいと思っているのであれば、あえて難しい所はやらず、待ちましょう。

トレードルールと経験と焦り

自分のルールが通用せず、予期しない方向にチャートが上がって行ったり、下がっていくと、上がったからロング(買いポジション)下がったから(売ポジション)と飛びついてしまい。エントリー後逆行って良くありますよね。
あれって、一つの焦りと自分のトレード経験不足なんです。技術不足ってのもあるかもしれません。

まず、自分の決めたトレードルールや、他の人から教わったトレードルールなどなど、
自分でキッチリ検証をし、練習を行いましょう。

行ってない状態でリアルトレードで行うと、そのルールや自分の技術が構築されていませんから、焦ったり、イライラしたりし、これでもかって状態で、ポジションを増し増しにして、退場又は大損するってことになるんです。

どうしても、ポジポジしてしまう人は、自分のルールを検証し、自信を持ってトレードライフが送れるように、再度しっかり検証を行いましょう。

自信が何よりも、迷いがなく、損切りも利食いも出来るようになるので、根拠の薄い、どっちに行くのかわからない所でエントリーしたりしなくなると思います。

ポジポジ病の改善策まとめ

損したくないって焦り、損した時の取り戻したいって気持ち、利益が欲しいと思う強い気持ち、自分都合のルールをトレード中に追加、過剰な根拠もない自信などなど、結局ポジポジ病って、感情のコントロールなんです。この感情のコントロールが本当に難しい、だから、ここを乗り切るだけでも、FXの世界で道が開かれるんではないだろうか。

感情を乗り越えるための本

少しでも役に立てば良いなぁって思いますので、私がポジポジ病だった頃に、確か読んだ本がこれだったかなぁ。間違ってたらすいません。たぶんこれだった気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました