FXトレード|勝率から考えるポジションを取る回数とロット数

スポンサーリンク
FXメンタル思考
この記事は約2分で読めます。

勝率から考える

トレードであなたは本当の勝率を自分で計算した事はあるだろうか?
複数ポジションでトレードする人は、5ポジションを持ったとしよう。そしてそのトレードがすべて利確出来た場合、それは1回のトレードとして計算するべきである。そうする事により、より精度の高い勝率を出せるのではないかと私は思っている。

そして、勝率をしっかり出した後、私はこう思った、「結構自分って勝率いいなぁ」その時の勝率は、60%前後だったと思う。そして良く考えた、例えば自分がトレードをして勝てる確率が60%と言うことは、100回やれば、40回負けると言うことである。

そこで私は思ったんだど、40回負けるって事は、200回取引したら極端な話、可能性としては、連続で60回負けることだってあるかもしれない。ではどうすればいいのかをじっくり考えてみた。

60%の勝率で、まず1か月に何回取引するのかを考えた。例えば100回月に取引をするのであれば、ロット数は、40回連続で負けても取り戻せるロット数にしたのだ。

結局、トレードは少ない金額であろうが、証拠金が少なかろうが、勝てれば優秀なトレーダーって事である。PIPSがどうだとか、億トレーダーに1年でなったとかそういう欲でトレードしてはならないって事をこの事実が分かった。日々の研究と、日々どうやって勝つのか、そして、月単位でいくらであろうと勝ってれば優秀なのである。

そして、私はだいたい1日のポジション数は3回~5回も行かないぐらいだ。自分が勝てると思う所だけやり、負ければ自分の見立てが悪かったと、1時間はPCから離れる事にしている。
そんな試行錯誤をしながら、日々チャートと向き合って行くと、月間プラス収支で終える事が多くなってきて、ある程度勝てるトレーダーになるのかもしれないと思う。私である。

まとめ

1回のトレードですべて全損、それは本当にダメだ。しっかりデモで自分のトレードを確認し、数字は嘘を付かないので、勝率を確認し試行錯誤しながら、日々チャートと向き合って頂ければと思う。
そんな私もまだまだ青臭い部分も多く月でプラスにならない時もある。
でもこの考え方をしたお陰で勝てる切欠になったとまでは行かないが、負けても動じなくなった事は事実である。少しでもトレードやっててどうしたら良いのか分からなくなった時などに参考にしてもらえればと思いますし、勝てる人と勝てない人ではほんの少しの事なのかもしれませんが、ほんの少しの事であっても、しっかりアンテナを張って情報収集をして、日々チャートと向き合いましょう。諦めたら本当せっかくFXっていう物に出会って、こんなにお金を稼げるツールがあるんだからなんとか自分の物にしていきたいもんですし、自分の物にしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました