【テクニカル分析】1時間MA20本線だけを徹底検証【検証3ヶ月間】

スポンサーリンク
テクニカル分析
この記事は約3分で読めます。

3ヶ月間、1時間MA20本線のみにタッチした所をただひたすら、ロングとショートをした結果をお伝えします。

ルール

1時間MA20本線に上からタッチしたものにロング(買いポジション)下からタッチしたものにショート(売ポジション)単純に損切りは10PIPSにし、利食いを20PIPSにて行う。

なぜ?1時間20MAなのか。

よく使われるMAはトレーダーに意識されやすく、大衆心理観点から信頼出来ると思ったからです。また、私の場合、初心者の為、一つづつ勝率の高い物を取り入れたくて試した次第です。

通貨はドル円

なぜドル円なのか、1番安定してそうだし、相場参加者が多いので、ドル円にしました。また、ドル円はクロス円にも影響を与えますので、その辺りも念頭に入れて、選択しました。

勝率は70%

勝率は70%のものを選び自分の手法を確立して行けたらと思ってます。また、一つの指標しか無いって事は無駄を省けるって事にも繋がるのかなあって思っています。

時間帯は?

全ての時間帯で行いますが、私も流石に寝る時間も必要ですので、エントリーしたタイミングで海外口座を使ってますので、(日本時間)時間をメモしておこうと思います。

過去のチャートも利用

過去チャートでまず1ヶ月調査して、それで、勝率を計算して行きます。その時点で勝率がイマイチだったら、このプロジェクトは終了。但し、何かヒントがある場合等は、別途メモし、ルール化し、それを公表して参ります。

いつから?

2021年3月から開始します。実際のチャートでやると貧乏な為、今回はデモトレードで行います。

過去チャート検証

2021年1月4日からの過去チャートを分析して、20SMAだけをシンプルに調査してみました。

2021年1月4日~1月12日の調査結果

第1回目のチャート画像では、1時間MAタッチしたものが、11回あり、上からタッチしたものに対しては、買いエントリー、下からタッチしたものに関しては、売エントリーとしてますが、レンジ相場みたな場所では、調査しておりませんのでご了承下さいませ。

2021年1月12日~1月23日の調査結果

結局調査はしたものの、それだけでは、いい根拠と言うには至らなかった。そして、1時間MAだけで勝てる程FXはあまくないってのと、今回に限っては1時間足で見てるので、実際にエントリーする時は5分足などで調整した方が良いと思う。ただ、言える事は、1時間足のMAだけを信用してエントリーするには、少し根拠が薄い気がします。

合計トレード数25回 成功トレード数9回 勝率36%

それでも結構な勝率だなぁって思ってるけど、この時点で50%は欲しい所だ。さすがに1時間足だけ見てのトレードでは、キッチリした勝率は分からないかもしれないって事で1時間足見ながら5分足でエントリーする方が効率的で実際の勝率計算するには良いのかもしれない。次回も何かを調査して行こう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました